「まよチキ!」の宇佐美さん

「まよチキ!」の宇佐美さん時間軸が無茶苦茶ですいません。ぶっちゃけ日記絵を描きながら次の本の事も考えてしまっているので突然うさみん先輩が出てきたりします。
去年描いたマサムネ絵が自分的にはちょっと今ひとつなので殆ど描き変えようという勢いです。AT-Xの再放送もしっかりチェックさせていただきましたのでね!

「まよチキ!」のスバル

声優さんには、思わず「天才やなこの人!」と思わせる方が数人おられます(個人の感想です)。私の場合、その内の一人は井口裕香さんです。
実際に収録現場とか見てるわけじゃないので、想像力100パーセントで書きますが、凄く演技の幅が広くて、そのキャラの見た目や脚本の流れにスパッと合わせるのは当たり前。さらに発音や言葉尻の上げ下げでオカズを具合よく乗せてくる。それを自然にやってしまう、そんな方じゃないかなと勝手に思っています。
だからこのスバル役はその才能が存分に発揮されていて凄く良かった。執事の時と女の子のギャップの付け方が絶妙で、そうそう、そう来られるともう…
ブッヒィィィィイイイイイイイイイ!!
となるわけですよ。

「まよチキ!」の奏お嬢様2

「まよチキ!」の奏お嬢様2もう一枚奏お嬢様を上げておきましょう。
先日のスティッカム配信で2011年アニメ総括みたいな話をしてたんですが、年間最優秀キャラデザインは?というお題がでたんですよ。意外とすんなりと3作品に絞り込みました。
「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」
「アイドルマスター」
「まよチキ!」
の3本です。
「お兄ちゃん・・・」のキャラクターデザインは平山円さん。近年稀に見るフォーマット崩しというか、この作品独特の顔つきと体型。かつ可愛いというキャラデザインを魅せつけてくれました。衝撃度では満点です。
「アイドルマスター」のキャラクターデザインは監督でもある錦織敦史さん。シンプルでアニメーションするために生み出されたようなデザイン。描き込んでも良し、単純化しても良し。破顔した表情も絵になる懐の深さも感じます。
「まよチキ!」のキャラクターデザインは川村幸祐さん。「祝福のカンパネラ」のEDの原画を担当された方でキャラデザインでクレジットされたのは今回が初めてなんですかね。「アイドルマスター」のデザインとは双璧というか、一枚絵でキッチリ魅せるタイプな気がしました。透明感のある瞳は瞳孔が小さく、引きこまれそうです。口は小さく位置は低いですねー。鼻の下が比較的長いので表情がいいんですよ。
で、年間最優秀キャラデザインは? う~ん、ここは作品全体の作画クオリティも高く、ブヒブヒ言わせてくれた「まよチキ!」で!

「まよチキ!」の鳴海ナクル

「まよチキ!」の鳴海ナクルさ、徐々に通常運転に戻していきましょう!
「まよチキ!」は描きたいキャラが多いので、しっかりやっていきたいです。
私は原作を読んでいないので、ナクルの容姿(肌の色やネコミミ)を見て、「これは一部ファンタジーが混じったライトノベルに違いない」と確信していたんですよね。ただのファッションだったとは・・・トホホホ。まぁ可愛いからいいんですけどね!

「まよチキ!」のスバル

本作で井口裕香さんは男声に挑戦しているわけですが、実にいいですな。あの声で照れたりドギマギしたりなんてするとあなた!相当来るものがあります!
スバルのかわいい表情は?というと、この鼻の下が伸びで、口が下の方で小さく収まってる所です。私の絵にもそういう表情が多いのでドストライクな感じです。
描いたのは髪を降ろしてメガネ装備の「小鳥遊ぷにゅる」バージョンです。

「まよチキ!」の宇佐美さん

「まよチキ!」の宇佐美さんアイマス絵はひと休みで、「まよチキ!」辺りを描きましょう。
「まよチキ!」は前半を見れてなくて、5話から見てるんですよ。後悔先に立たず。しまったなぁ。
あの世界に身を委ねればあら不思議。鼻の下が伸びる伸びるw
さて宇佐美マサムネ役は伊瀬茉莉也さん。どこかで聴いたことある声だと思ったら、「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」のストッキングじゃないですか!ああーそうですよー!