「境界線上のホライゾン」の三要先生

「境界線上のホライゾン」の三要先生見てましたよ「境界線上のホライゾン」。冬コミ準備の真っ只中で日記に描いたことはなかったですが(汗
私たちのいる世界とは文明のあり方が違うのよ?と言わんばかりに、やたら胸に関するギャグが多かったり、主人公が「エロゲエロゲ」と連発したりとか、恥らいの風情がなくて無くて萎え萎えでしたが、世界観の設定とかキャラデザインとかは実に面白いアニメでした。本編では語られない・・・おそらく今年夏に放送される第二期でも語られないであろう設定が満載で興味をそそられますねぇ。
さて、三要先生は主人公達が在籍する3年梅組の隣、3年竹組の担任教諭ですよ!声は天下の釣り声優・清水愛さんです。

「ましろ色シンフォニー」の紗凪

「ましろ色シンフォニー」の紗凪「ましろ色」では一番のお気に入りの紗凪(さな)ちゃん。「ましろ色」のキャラデザインは髪型にひと癖入れてあるんですが、紗凪の髪型は最初見た時から「変だなぁ」とか思ってました。
シーズン初期はツンツンの愛理と高飛車な紗凪がダブって仕方が無かったんですが、あの髪型のお陰で区別がつきました(ぉ
これは好きになれそうもないキャラだなぁと思ってたら、ところがドッコイかわいいんだw ラスト辺りの境遇も不憫で、むちゃ感情移入してしまいましたw

「ましろ色シンフォニー」のアンジェ

「ましろ色シンフォニー」のアンジェ前回のスティッカム配信の時、このアンジェを描いていたんですが、一部の視聴者さんとですが「ましろ色シンフォニー」ネタで盛り上がりました。みなさんは「ましろ色」ご覧になりましたか?
主人公の瓜生くんを中心として数人の女子が入れ替わりする基本ハーレムアニメなので、仕方が無い所があるんですが、どうにも落ち着きどころが「彼女」とは納得いかん!
ネタバレしないように書いているので、あんまり臨場感がありませんねw すいません。
ついでに最終話がのメインが、まさかのぱんにゃ!うむー、なんとも中途半端なアニメでしたねぇ。スティッカム配信でもその辺り、突っ込みどころ満載でそういう意味では実に面白いアニメでしたw
でも感情移入は結構しましたよ!一番のお気に入りキャラは次回アップしましょう。
さてアンジェはご主人さまがいない野良メイドという立ち位置。本編の巨乳担当なんですが、「ましろ色」はそういう「ワーオ」と効果音が付くような助平シーンは少ないんですよね。その辺りの好感度は高かったです。

「まよチキ!」のスバル

声優さんには、思わず「天才やなこの人!」と思わせる方が数人おられます(個人の感想です)。私の場合、その内の一人は井口裕香さんです。
実際に収録現場とか見てるわけじゃないので、想像力100パーセントで書きますが、凄く演技の幅が広くて、そのキャラの見た目や脚本の流れにスパッと合わせるのは当たり前。さらに発音や言葉尻の上げ下げでオカズを具合よく乗せてくる。それを自然にやってしまう、そんな方じゃないかなと勝手に思っています。
だからこのスバル役はその才能が存分に発揮されていて凄く良かった。執事の時と女の子のギャップの付け方が絶妙で、そうそう、そう来られるともう…
ブッヒィィィィイイイイイイイイイ!!
となるわけですよ。

いよいよ明日、こみっくトレジャー開催です。


呉風堂が参加するこの冬最後のイベント「こみっくトレジャー」が、明日インテックス大阪で開催されます。ラインアップはこちらをご覧くださいませー。
当日は私が一人で寂しく店番していると思います。関西のイベントでは毎回そうなんですよね。地元なのに友達が少ないと…。
しかしぶっちゃけ、これが終わらないと冬コミ、しいては2011年が終わってない気がするんですよ。コミケに比べればずっとのんびりできるの思いますので、イベントをたっぷり楽しみたいと思っています… って、一人じゃ出かけられないじゃん!!
それでは4号館P-22aでお待ちしています!!

「2.5次元」の中身をちょっとだけ

今週末にインテックス大阪で開催される「こみっくトレジャー19」ですが、そこに持っていくSirahaさんのイラスト集「2.5次元」の中身をちょっと御覧いただきましょう。

2.5次元

今までは表紙の画像しか出していなかったので、中身の雰囲気をちょっとだけ味わっていただければ思います。全編フルカラーで、Sirahaさんの絵柄だと、なんだかフィギュアのカタログのようですw イラストが素晴らしいので加飾的なデザインはしていません。シンプルに黒を基調にしたので重厚な紙面になってます。
紙はコート紙を使っているのでピッカピカ!表紙はUVニスを奢っていますのでツヤッツヤ!
是非会場で手にとっていただければと思います。

その他のラインアップはこちらを覧くださいませ~。

「まよチキ!」の奏お嬢様2

「まよチキ!」の奏お嬢様2もう一枚奏お嬢様を上げておきましょう。
先日のスティッカム配信で2011年アニメ総括みたいな話をしてたんですが、年間最優秀キャラデザインは?というお題がでたんですよ。意外とすんなりと3作品に絞り込みました。
「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」
「アイドルマスター」
「まよチキ!」
の3本です。
「お兄ちゃん・・・」のキャラクターデザインは平山円さん。近年稀に見るフォーマット崩しというか、この作品独特の顔つきと体型。かつ可愛いというキャラデザインを魅せつけてくれました。衝撃度では満点です。
「アイドルマスター」のキャラクターデザインは監督でもある錦織敦史さん。シンプルでアニメーションするために生み出されたようなデザイン。描き込んでも良し、単純化しても良し。破顔した表情も絵になる懐の深さも感じます。
「まよチキ!」のキャラクターデザインは川村幸祐さん。「祝福のカンパネラ」のEDの原画を担当された方でキャラデザインでクレジットされたのは今回が初めてなんですかね。「アイドルマスター」のデザインとは双璧というか、一枚絵でキッチリ魅せるタイプな気がしました。透明感のある瞳は瞳孔が小さく、引きこまれそうです。口は小さく位置は低いですねー。鼻の下が比較的長いので表情がいいんですよ。
で、年間最優秀キャラデザインは? う~ん、ここは作品全体の作画クオリティも高く、ブヒブヒ言わせてくれた「まよチキ!」で!

「まよチキ!」の鳴海ナクル

「まよチキ!」の鳴海ナクルさ、徐々に通常運転に戻していきましょう!
「まよチキ!」は描きたいキャラが多いので、しっかりやっていきたいです。
私は原作を読んでいないので、ナクルの容姿(肌の色やネコミミ)を見て、「これは一部ファンタジーが混じったライトノベルに違いない」と確信していたんですよね。ただのファッションだったとは・・・トホホホ。まぁ可愛いからいいんですけどね!

新年のご挨拶

みなさま、あけましておめでとうございます!

というわけでコミケから帰って参りました。
サークルスペースには夏に引き続き沢山の方に来て頂きました。
本当にありがとうございました。
今回は売り子としてちゅなまよさんと4Stylesさんの二人に手伝ってもらいましたが
■呉風とちゅなまよさん→先生と生徒
■呉風と4Stylesさん→部長と新入生
みたいな感じで、なんとも微妙な見た目でしたがw
さすがに体力が違いますね!おかげで怒涛のような3日目を乗り越えることが出来ました。

さて、この辺で宣伝をw

今回の新刊「絵日記大吟醸3」は委託販売中でございます。
とらのあなさん
メロンブックスさん
コミックZINさん
となっておりますので、是非是非よろしくお願い致します。

それから、1月15日にインテックス大阪で開催される『こみっくトレジャー』に参加します。
ラインアップと頒布価格は冬コミと同じですので、特設ページでご確認ください。
特にSirahaさんの「2.5次元」は委託の予定は今のところありませんので、この機会に是非!

それでは今年も呉風ウェブをご愛顧のほど、よろしくお願い致します!