「Aチャンネル」のナギ

「Aチャンネル」のナギ「咲-Saki-」の監督である小野学さん、そしてアニメ制作を担当したStudio五組がタッグを組んで贈る、「日常」よりも日常っぽいアニメ「Aチャンネル」です。さすが実に丁寧な作りです。
その中でもナギはジト目が似合うメガネっ娘。顎を引いてニヤッっていうのが似合う私好みのキャラです。
オサゲというのも、髪を解いた後の激しいギャップも楽しめてお得な感じです。
本名は「渚」って、そうだったんだ!

「かんなぎ」のナギさま

「かんなぎ」のナギさま昨日近所のスーパーで晩ごはんの買い物をしてたんですが、ふと見るとそこに「なめたけ」が。
おいおいマジかよ、そこにいるのは「なめたけ」さんじゃねぇか。ふふ、目にはいちまったじゃねぇか、このキノコの佃煮野郎がよ。あ、ダメだ手を伸ばしちゃダメだ!嗚呼ー!!
というわけでご飯に「なめたけ」大人がけ。(ご飯4杯は余裕) …ナギは全然関係ないですね。
『さ、たっぷりかけたゆえ、存分に飲むがよいぞ!』

「かんなぎ」のナギ

「かんなぎ」のナギおおみそかですねぇ。みなさん大掃除とかしてますか?めんどくさいですねぇ。 それともコミケ終わって燃え尽きてます?それはいいなぁ。私はAT-Xの「マリ見て」祭りを見ながらお掃除中です。いやぁ、集中できない集中できない。こりゃだめですね。
さて、アニメ「かんなぎ」ですが、終わりましたねぇ。12話で終わりですよ。たった12話…あんまりな。第2期を来年夏ぐらいにと淡い期待をしつつ、来年もいいアニメ年でありますように。
それでは良いお年を!

「かんなぎ」のナギ

「かんなぎ」のナギ特に意味もなく胸をアピールするナギ。
なんか体型を太く描いてしまいました・・・
あ、しまった!
ちゃっかり胸パッドの線、描くの忘れた!!ちゃっかり!!

「かんなぎ」のナギ様

「かんなぎ」のナギ様寒いっすなー。実は昨夜の「かんなぎ」まだ見てません。睡魔に負けました。というか布団の魔力に負けました。急に寒くなった時期の、このヌクヌクした至高の時間。そしてお供の猫のゴロゴロ。たまりません!
けど猫って5分も経たないうちに出て行っちゃうんですよね。
冷たいなぁ。

「かんなぎ」のナギさま

「かんなぎ」のナギさまさて11月です。それに今日は土曜日で、深夜には「かんなぎ」があります。楽しみですなぁ、でも体調が悪くてねぇ。なんかだるいっす。起きてられるかなぁ(ビデオ予約してとっとと寝ろ)
とっとと寝るのじゃ

「かんなぎ」のナギ様

「かんなぎ」のナギ様武梨えりさん原作で、シリーズ構成に倉田英之さんを迎えた「かんなぎ」がいよいよ始まりましたねぇ。
武梨えりさんといえばDNA刊の「月姫」アンソロですが(偏った情報だなぁ)これが好きだったんですよ。面白くておまけに絵も巧い。すごく立体感があってペンの軌跡だけでここまで描けるのかと感動します。
さてそのアンソロ本ですが、私が買い始めたきっかけがDNA刊の「こみっくパーティー」。特にDNA刊を好んで買っていたのには訳があって、結城心一さんの作品が読めたからなんですね。そんで結城さんを追いかけてたら武梨えりさんが随所に登場するわけですよ。お互いの作品にちょろっと出てたりして。超親密っぽい。おやおや、この二人はもしかしてデキテる?デキテるのかな??うん〜〜〜??

この二人が兄妹だと知ったのは、つい最近のことです。